スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり戦車がヒロインではなかった…

2013年05月04日 09:21

ガルパンの話です。
発売から1週間経ちましたので、最初に組んだデッキを。
シンプルにサポートに並べる形です。

テキストはこちらで。
http://prememo.net/

キャラ
01-001 西住みほ 4 (SR/パンプ)
01-003 西住みほ 4 (ST)
01-007 西住みほ 3 (アタッカー/ポイント通ったらドロー)
01-011 武部沙織 3 (ST)
01-013 武部沙織 (3軽減/コンバット)
01-032 五十鈴華 2 (ST)
01-034 五十鈴華 2 (3軽減/パンプ)
01-047 秋山優花里 (SR)
01-048 秋山優花里 3 (SR/自由登場)
01-049 秋山優花里 2 (ST)
01-056 角谷杏 2 (サポ除去)
01-057 角谷杏 4 (ドロソ)
01-065 秋山優花里 2 (キャントリップ)
01-072 冷泉麻子 (SR)
01-073 冷泉麻子 2 (SR)
01-074 冷泉麻子 2 (ST)
01-076 冷泉麻子 2 (3軽減/通ったらドロー付与)
01-078 冷泉麻子 3 (壊れてるブロッカー)
01-081 河嶋桃 2 (逆境5)
01-090 秋山優花里 2 (相手メイン登場)
01-097 蝶野亜美 (7枚サーチ)

イベント
01-100 戦車道、始めます! 4
01-108 パンツァー・ジャケット 4
01-110 お見舞い 3
01-112 鍋パーティ

戦い方はシンプルです。出して殴る、これだけ。
殴る時のパワーは十分に出るので、一方を取りやすいですが、修正値を元に戻されるとあっさり負けます。
また、相手に能力持ちの死なないアタッカーがいると、アプローチ禁止系のカードがないので危険です。
一方をとられ続け、ハンドがなくなって数差で負けます。
STみほの型は揃えば強いですが、それまでにかかる労力と全体パンプがちょっと釣り合わないような気がしています。秋山優花里がサポートに並ばなすぎます。SRみほで30/30パンプできるようになるのは魅力ですが。

個人的に、ガルパンを考えていると昔のマドまぎを思い出します。
あれもカードパワーの高い4コスを並べていく感じのデッキでしたが、ビートでは勝てずに結局デッキデスという勝ち筋が主流になってしまいました。
ガルパンも、カードプール的にそちらにシフトした方が勝ちやすいのではないかと考えています。
そちらの方も組んでみたので、調整したら載せたいと思います。
スポンサーサイト

月の祭り

2012年05月08日 07:20

カーニバルファンタズムの発売記念大会に行ってきました。

結果だけ言うと全敗しました。
原因としては、ハンドを補充する手段をイベント以外に入れなかったこと、ドロソらしいドロソを引かなかった、などが挙げられます。
今はまだデッキが完成しきっていない状態なので、デッキが完成したらこちらにも載せようと思います。
ちなみにデッキは路地裏です。コントロール要素を入れていますが、そこの調整がうまくいっていません。

大事件

2012年04月03日 07:13

そんなわけでゆるゆりの考察を。


概観
デッキタイプは大きく分けて3つ。ごらく部、生徒会、魔法少女。どれも専用デッキを組まなければならないが、SRの質が良いので他のタイトルとも普通かそれ以上に渡り合える。また、SRあかりやSRちなつはSRらしいパワーカードなので、どのデッキにも採用しやすい。ちなみにごらく部のデッキは他のデッキよりも頭一つ抜きん出ている。

カードパワー
非常に高い。特にごらく部はSR京子とSR結衣の能力が対になっており、APとDPの両方をカバーできる。そのため50/50以上のラインを全体的に作ることが容易い。またコンビカードの質が良く、安定したアタッカーに困らないのも強いところである。
面白いのは三つ子の魂百までで、キャラを1枚手札に戻すことで同名称のカードを場に出すことができる。これにより、登場した時の効果が使い回せたりするのが非常に強力。
一方でコンバットトリックをイベントではなくキャラで行わなければならないということから、キャラを引かないと自分のキャラを強化できないという弱点もある。しかしドローソースが豊富なため引ける確率の方が高い。尚、生徒会に関して言えばイベントに頼ったコンバットトリックができるのでそこを強みにして積極的にアプローチしていける。

最近のタイトルと比べて
間違いなく強い。しかし他のタイトルも勝てないわけではない。特にまよチキ!やましろ色のアンジェ型は交戦に強いので、交戦でアドを稼いでいくゆるゆりに対しては優位に立てるかもしれない。
電波は交戦に強いが自ターン中だけしか強くないので、チャンプブロックできるキャラを供給し続けられるかどうかにかっている。正直、今までのようなSRコンビに頼った戦い方では現状に合わない気がする。
個人的にはAチャンネルがいけるんじゃないかと考えている。理由は相手ターン中の固さにある。SRユー子を出せるかどうかが鍵だが、交戦時のコンバットトリックが多いのに加え、使ったそれらのイベントを使い回すことで状況的に有利になれるのではないかと思う。これについてはもう少し考察を加えていきたい。


そんな感じでゆるゆりは強いです。ミラーだとコンビのアタッカーをアッカリーンできるかどうかにかかっている気がします。

電波受信

2012年03月20日 12:18

今日はPMの話を主に。
最近は電波ばっかり使っているので、新弾との比較で辛いところとかを考えていこうかと。

まずはデッキレシピをば↓

[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。