スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Voyager Train

2008年11月30日 22:26

早いものであと一か月で今年も終わりになりますね。まぁ、私は就活なので年始から忙しいのでしょうが。

ショップ大会のレポです。


アトリエ白い黒猫 参加人数:20名くらい

参加デッキ:赤緑グッドスタッフ

スイスドロー方式

一戦目:緑黄バウンス
クライマックスが手札に来まくる……
相手はこちらのレベル2帯を順調にバウンス。コストがきつい。。
”捜査官”葉留佳で応戦するも負け。

二戦目:赤黄魔法
こちら魔王殺しエトナを展開。
相手「あ、フロントアタックできないのが出てきた」
ホントにフロントアタックしないんだもんなww
無職エトナロボ美春でコントロールして勝ち。

三戦目:赤緑ディスガイア単
超魔王ラハール出てきた……一点回復に泣いた。負け。

四戦目:赤黄ミハネム
相手さんは今日1・2回戦とキャンセルが出てないそうな。んで、

今回も出ず!

個人的にはどうしようもないクズのアーチャーで天枷美春焼けたのが嬉しかった。勝ち。

結果:2勝2敗

なんか最近不調だ……。

好例の使用デッキ↓

レベル0
”普通の少年”理樹 4
棗 鈴 1
胡ノ宮 環 2
ルイズ&ティファニア 2
白河 暦 3
魔王殺しエトナ 4
戦闘教官ヴィータ 2

レベル1
”女王猫”佐々美 3
無職エトナ 4
どうしようもないクズのアーチャー 2
ロボ美春 4

レベル2
”最強の男児”謙吾 3
大和撫子 環 2
かけがえのない仲間 2
”捜査官”葉留佳 3
唯湖&葉留佳 1

クライマックス
美少女超魔王
美春のオルゴール 4

スポンサーサイト

く、悔しい……

2008年11月09日 22:23

ショップ大会に行ってきました。

アトリエ白い黒猫 八王子本店
参加者 22名  スイスドロー形式

使用デッキ:おめかし

一戦目:赤黄音夢デッキ
相手のレベル2が序盤から流れ出すも、こちらレベル1クロック6まで押される。
自分のターンでレベルアップ、クロックドローからブン回り。
パワーで制圧して勝ち。

二戦目:赤青音夢デッキ
音夢多いな……とか思ってました。
クライマックスを引いてしまう病が発病。
さすがにキャンセル出ず負け。

三戦目:赤青杉並カウンター
杉並アンコールを処理できず。
見事なカウンターが入って乙。

結果:一勝二敗

やっぱり”おめかし”小毬は打点の低さが問題かと思われます。パワー10000あってもソウルが1じゃあどうしようもない。。
あと、後衛除去が重要かなと感じました。天枷美春にしても水越萌にしてもデッキコンセプトが崩せるのは良いと思う。現在トーナメントシーンで活躍しているデッキはどれも後衛を使うデッキなので。

というわけで使用デッキをば

レベル0
セーラー服のルイズ 4
虚無のルイズ 2
戦闘教官ヴィータ 2
美魚&美鳥 4
ルイズ&エレオノール 2
棗 鈴 4

レベル1
”筋肉馬鹿”真人 4
なのは&ヴィータ 3
小川で遊ぼう! 3
特別講師エレオノール 3

レベル2
唯湖&葉留佳 2
超時空美少女悪魔エトナ 3
”おめかし”小毬 4
木琴占い 2

クライマックス
託されるもの 4
もう、忘れない 4


ごくごく普通の赤青おめかしです。
以下改良案。

改良案1
木琴占い 2 → ななことヤギ 2
上述したように、後衛除去用に。最近のデッキはむしろ後衛が恐い場合が多いので。

改良案2
美魚&美鳥 3 → ”小悪魔”杏 3
手札に来てしまったクライマックスの処理用に。小川と遊ぼう!とのコンボが前提なので、3枚程度が妥当ではないかと思います。

レベル2におけるコスト1キャラについて

2008年11月08日 20:33

そうこうしている間に霜月になってしまいましたね。

タイトルの通り、今回もコスト面におけるカード考察をしたいと思います。
さて、私的にはレベル2においては高パワー、高ソウルが基本ではないかと思います。
しかしおめかし小毬だとか雪村杏のように、デッキコンセプトの一翼を担うようなキャラについては入るのが当然ということになります。
そのようなイレギュラーな場合を除き、たとえば〈葉留佳奈多〉デッキのように入っても入らなくても良いデッキというのは確かに存在します。現に私の〈葉留佳奈多〉には”捜査官”葉留佳が入っています。しかしコスト面を考えると、後半はアンコールにコストを使いたい状況が多数存在するので、コスト1のキャラも投入の余地があると考えます。デッキに対してメリットがあるような能力(”大和撫子”環など)の場合のみ、私は投入しようと考えています。したがって前述した”捜査官”葉留佳はそのような理由で入っています。ただ、デッキのコンセプト上、メインは三枝葉留佳なのでコストはアンコールに回したいため、抜くのが最善かもしれません。
現在レベル2コスト1のキャラで目をつけているのは”ビューティ男爵”中ボスですね。状況を選びますが、あと一点、とかいう状況はかなりの確率で存在するので入れてみるのもありかもですね。その場合、集中持ちのキャラは必須となりますが。
また”無表情で無愛想”佳奈多も良いかなと思います。集中デッキなどのコンセプトも出てきている以上、起動能力を封殺できるのは大きいです。

結論:能力次第

こういうことでしょうか。サブユニットとして採用する割合がどうしても多いので、デッキコンセプトをカバーできるようなものが良いと思います。

レベル1 コスト0のキャラ論

2008年11月02日 22:58

タイトル通りですが、レベル1 コスト0のキャラはデッキに何枚くらい必要なのでしょうか?
人によりけりだとは思いますが、幅があります。例えば3枚とかという方もいれば、レベル1域のキャラは全てという方もいると思います。

私は3~4枚が妥当かなと思います。

たとえば直枝理樹なんかはアンコール持ちなので後半も役立つということで4枚、ゆず&慎だと後半腐るから入っても3枚……とか言う感じで決めます。
今困っているのは最近出たなのはスターターのなのは&ヴィヴィオなんかです。
確かにコスト0でBPは5000ですから結構強いとは思うのですが、単体で使うには微妙かなと感じます。クライマックスとのコンボで真価を発揮する一枚ですので、4積みするかどうかは裁量次第ということになります。
4積みでも良いのですが、それだとなのは&ヴィータの起動能力が怖い気もします。やはり3枚ですかねぇ。

結論:アンコールがあれば4積み。

こういうことですかね。。
現状、レベル1 コスト0でアンコールは直枝理樹くらいなんですがww


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。