スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規契約願

2012年04月24日 07:24

ws_today_newspaper-cons.jpg

ついにDCに集中が出ました。
効果自体はRRらしいといえるでしょう。問題は旧弾と混ぜた時の〈新聞〉の枚数ではないでしょうか。〈生徒会〉は増えていくと思うのでその中で〈新聞〉がどれだけあれば安定するかを研究していく必要がありそうです。
スポンサーサイト

ギルティクラウン 雑感

2012年04月18日 07:34

ギルティクラウンのデッキを考えています。いろいろな型はあると思いますが、赤青緑が強いかなーと思います。黄色も悪くはないのですが、レベル応援が青にある関係で3色目は青が良いという結論です。
基本は終盤でレベル3の2種を並べ、隙を見て篠宮綾瀬でアドをとっていく感じです。フィニッシャーが桜満集なのは間違いないのですが、効果の特殊性から2体並べられないのが痛いところです。勝ちに行くときはぶっぱしても良いと思いますが。パワーラインで13000を2体つくれれば、最低でも1体は通るでしょう。
問題なのは必須パーツのほとんどがR以上なこと。特にRRは多く、5種くらい必要です。割とどれもシングル価格が高いのでデッキの価格も少し上がります。

魔法準備

2012年04月17日 07:07

ws_today_anri-.jpg

手札は虚無のルイズセーラー服のシエスタがあることを考えると増えやすいですが、問題はどれだけ集中を当てられるかということです。そのために下の能力がついています。小川で遊ぼう!のような万能性はありませんが、ないよりマシです。

2枚目は以下に↓
[ 続きを読む ]

防人の歌

2012年04月13日 07:19

ws_today_simphogia-t.jpg

TDのレベル3としては優秀な部類ではないでしょうか。他のキャラをパンプできるので、ブースターの内容次第では普通にデッキ投入されてもおかしくないです。このようなカードは出して他のカードをパンプすると自信のパワーが弱くなるパターンだったのですが、このカードは自身でパンプできる能力を持っているので、使いやすいカードであると言えるでしょう。

失って気づく存在

2012年04月11日 07:22

ws_today_friend-t.jpg

クライマックスシナジーは正直おまけかな、と思うカードです。基本的に先出しでそれができなければクライマックス前提でサイドをするのが適当なカードでしょう。
なぜなら、コスト的にチェンジで出てくるのがレべル3だから。そのためのつなぎと考えるならばクライマックスの効果でストックが溜まるのも別に弱くはないと思われます。しかしながら、そうなるとトライアルにレベル3が2種収録されるのかなーと思ってしまいます。どちらもタバサですし。

命のフレア

2012年04月04日 11:10

ws_today_hibi.jpg

なかなか悪くないアタッカーな気がします。他のキャラをパンプできるので、今の環境ならレベル1帯でも余裕で10000ラインに到達できるでしょう。問題はこの手のカードはすでに黒サイドに存在しているということ。白サイドとはいえ、ちょっと時代遅れな感も否めないなーという感じです。
ヴァイスはデッキにした時の全体性が特に重視されるので、このカードがレベル1帯でどのような役割を持てるのかはブースターに期待したいところです。

大事件

2012年04月03日 07:13

そんなわけでゆるゆりの考察を。


概観
デッキタイプは大きく分けて3つ。ごらく部、生徒会、魔法少女。どれも専用デッキを組まなければならないが、SRの質が良いので他のタイトルとも普通かそれ以上に渡り合える。また、SRあかりやSRちなつはSRらしいパワーカードなので、どのデッキにも採用しやすい。ちなみにごらく部のデッキは他のデッキよりも頭一つ抜きん出ている。

カードパワー
非常に高い。特にごらく部はSR京子とSR結衣の能力が対になっており、APとDPの両方をカバーできる。そのため50/50以上のラインを全体的に作ることが容易い。またコンビカードの質が良く、安定したアタッカーに困らないのも強いところである。
面白いのは三つ子の魂百までで、キャラを1枚手札に戻すことで同名称のカードを場に出すことができる。これにより、登場した時の効果が使い回せたりするのが非常に強力。
一方でコンバットトリックをイベントではなくキャラで行わなければならないということから、キャラを引かないと自分のキャラを強化できないという弱点もある。しかしドローソースが豊富なため引ける確率の方が高い。尚、生徒会に関して言えばイベントに頼ったコンバットトリックができるのでそこを強みにして積極的にアプローチしていける。

最近のタイトルと比べて
間違いなく強い。しかし他のタイトルも勝てないわけではない。特にまよチキ!やましろ色のアンジェ型は交戦に強いので、交戦でアドを稼いでいくゆるゆりに対しては優位に立てるかもしれない。
電波は交戦に強いが自ターン中だけしか強くないので、チャンプブロックできるキャラを供給し続けられるかどうかにかっている。正直、今までのようなSRコンビに頼った戦い方では現状に合わない気がする。
個人的にはAチャンネルがいけるんじゃないかと考えている。理由は相手ターン中の固さにある。SRユー子を出せるかどうかが鍵だが、交戦時のコンバットトリックが多いのに加え、使ったそれらのイベントを使い回すことで状況的に有利になれるのではないかと思う。これについてはもう少し考察を加えていきたい。


そんな感じでゆるゆりは強いです。ミラーだとコンビのアタッカーをアッカリーンできるかどうかにかかっている気がします。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。