スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の気分を味わえる

2012年08月29日 23:04

ある程度形になったので、最近いじっていたアイマスを公開したいと思います。

レベル0
竜宮小町のリーダー 伊織 3
頼りになる!? プロデューサー
秘めた才能? 美希 2
出張イベント 響 4
方向音痴 あずさ 4
OFFタイム 真 2

レベル1
ユニットメンバー やよい
等身大アイドル やよい 4
大きな秘密 涼 4
寄り道

レベル2
REST@RT やよい 3
超! 美少女アイドル 伊織 3
秘密の貴音

レベル3
私こそアイドル! 伊織
アイドル復帰! 律子 4
古き都の貴音 4

クライマックス
自分REST@RT 4
Here we go!
SMORKY THRILL 3

現状使っているアイマスはこんな感じです。
アイマスのプールを見ると分かりますが、アイマスの赤は各レベル帯をサポートするカードが多く、単体でアドをとっていくにはパワーが足りない印象があります。
これは個人的な意見ですが、アイマスで最もアドをとりやすい色は緑だと思っています。そこに今回、REST@RT やよいという分かりやすいパワーカードが出たことで、単にハンドを使っていくのではなく、レベル2帯でもキャンセルさえすればレベル3に備えてハンドを整えられる構築ができるようになりました。
しかし返しでREST@RT やよいが残ったとしても、自分REST@RTがまた引けていなければ殴っていくには少し心もとない気がします。そこで超! 美少女アイドル 伊織SMORKY THRILLを投入しました。これにより、やよいが10000ラインで殴ることが可能になったため、サブプランとしては上出来だと思っています。
ちなみに古き都の貴音はレベル2の時に置けるようならば置くといった意識で良いと思います。早出しは優秀ですが、返しで倒されるだけだと何のアドもとれないので。
ハンドを増やす時期がいつなのかを意識しながら回していけば、あとはカードパワーで盤面を押していけるため、個人的には気に入っている構築です。


次回はChaosについて書くつもりです。長らく書いていませんでしたが、少しやる気が出てきたので。とりあえず新しいデッキを現在考え中です。おそらく『&』の八重あたりになるんじゃないかと思われます。サイズは正義です。
スポンサーサイト

だから笑って、

2012年08月16日 22:07

発売から調整をして、そういえば紹介していなかったと思い出したので、シンフォギアの現状を紹介します。

レベル0
全力の拳 響 3
翼の相棒 奏 4
天羽奏 2
強い意志 未来 4
保護者がわり 未来 2
仲間への信頼 翼

レベル1
元気が取り柄 響 3
覚醒の鼓動 響
一生懸命な響 3
二人の歌姫 翼&奏

レベル2
デュランダル覚醒
ガングニール 3
凛とした佇まい 翼 4
天羽々斬 3

レベル3
立花響 3
小日向未来 2
風鳴翼 2

クライマックス
生きるのを諦めないで! 4
守りたいものがあるんです! 4

このデッキの一番の仕事は2つあります。1つ目は守りたいものがあるんです!を最低でも1枚は引いてくること。レベル2になるまでに引けなかった場合は諦めて、プランBに移行します。これが2つ目の仕事になりますが、風鳴翼を引いてくることです。こちらは絆が入っているので、結構楽に達成できます。早出しは極力行います。多少無理をしてでも、出すと結果的にアドにつながるからです。特に立花響は最も重視します。だからクライマックスを引いてこなければならないのですが。風鳴翼も早出しすると11000で立っていられるので安定です。だいたいコストを莫大に消費することが多いので、バウンスには弱いです。それ系のトリガーを見たら警戒しましょう。

新制限発表

2012年08月16日 21:48

新制限が発表されました(3種選抜/4種選抜もまとめて制限と表現します)。
個人的には制約が大きくなればなるほどデッキ構築が面白くなるので、別に大きな問題はないかなと思っています。
今回は全体的に回復や早出しなどが制限がかけれらた印象です。また、試合時間を著しく削りそうなカードも制限入りしています。

タイトルによっては、デッキも大きく路線変更をしなければならないものが出てきました。各人の構築がそこで変わってくるのも、今後のトーナメントに影響を及ぼしそうです。
そんなわけでタイトル毎の考察でも。


ゼロ魔(3種選抜)
人質救出作戦が強いのは初年度のスタンからの事実ですが、集中と回収の時間で場合によっては遅延プレイに繋がると判断されたのでしょうか。個人的にはキャラの枠を削ってまで入れるイベントではないかと思います。ゼロ魔にはワールドドアご褒美があるので、そこまで回収を重視しなくても回収できてしまうような気がします。回収が足りないと感じるようならば虚無のルイズもありかなと思います。
個人的には貴族の務め ルイズを選択するのが良いかと思います。ゼロ魔のデッキを見ていると、やはり軸はレベル2での早出しのような気がしますし、これが決まらないと少し場アドを稼がれてしまうようなイメージがあります。無意識の力 ルイズを採用する場合は経験に左右されない構築が可能なので、別の強みを生み出せるのではないでしょうか。

ハルヒ(3種選抜)
宇宙人だけでなく、SOS団のデッキも死んでしまった気がします。
宇宙人は別にトラブルガール ハルヒがなくても戦えるデッキなので、最近のレベル3でクライマックスを使用する流れをメタってネコミミ みくるを採用しても良いかと思います。レベル3の選択肢が狭まったので、その他のレベルのカードを多めに積めるようになったのが強みでしょう。

とある(4種選抜)
"冥土返し"が返ってきたのは大きな収穫でしょう。一方で常盤台のお嬢様 黒子"多才能力者"木山がいなくなってしまうのは痛手です。構築としてはどのレベルを重視するかによりますが、レベル1でアドをとれるとその後の展開もかなり楽になるので、黒子が安定でしょうか。レベル2も"風紀委員"初春からのチェンジでなんとかなりそうです。

ペルソナ
ネオスタンでも一応ハンデスきめられるので……禁止で。

ディスガイア
どう考えても遅延防止のためです。しかしいつかの屋根下のときに言われたことと同じで、回収があるためそんなに変わらないかなーというのが正直なところです。
枚数が変わっても時間がかかるプレイヤーは時間がかかります。

イクサ
これも遅延防止のため。アップデートで回復増えたし……といった判断でしょうか。しかしレベル1帯からのキャラの生存率はがくっと下がりました。

アイマス(3種選抜)
今回一番面白い箇所ではないかと思っています。なぜなら選択したものによって大きく構築が変わってしまうからです。最近の流行である古き都の貴音を使用する場合、レベル2までにこのカードを置いておく必要があるため、必然的にレベル置き場に青が置かれることになります。そう考えた場合、最も強い選抜はジュピターとの対決!でしょう。レベル2までに積み上げてきた流れが無駄になりません。相対的な回復量も上がりますし。
方向音痴 あずさを使用する場合には、序盤にハンドがたまりやすいため、ハンドを整える必要がある気まぐれな美希を使用するのが良さそうです。アイマスは緑のキャラが強いので、緑でデッキを染められるのも良いところです。
素直で前向きな春香を使用する場合は特に構築に制限は出ませんが、コスト面からもレベル2帯も春香で戦うことを視野に入れなければなりません。まぁそのための古き都の貴音かなーとも思いますが。最近ではパワーが高いレベル1も増えてきたので、このカードだけに頼る構築は少し微妙でしょう。個人的にはあまり好きではありません。キャラかクライマックスを引けなかったときのリスクが大きいので。


だいたいこんなところでしょうか。私も制限が発表されてかアイマスをいじっていますが、現状でも結構カオスな構築になってしまいました。まぁ各レベル帯で強いことをしようと思ったら仕方ない構築なのですが。大会などで調整したら載せようかと思っています。
あまりゲームに制限が加わりすぎるのも考えものですが、このくらいならばまだ範疇内でしょう。構築のしがいがある環境になったことを素直に喜びたいと思います。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。