スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新弾発売&雑感

2012年11月27日 08:44

新弾が発売して、いくつか考えて回してみた感想を。

http://www.carddas.com/crusade/cardlist/decksrc/201211/1353541619.html

5国ユナを入れて、相手ユニットを積極的に処理できるようにした感じのデッキです。
回してみた感じだと、ディバイントルネードはやはりいりませんでした。Gしか参照しないので、風属性が少ない現状だと、バウンスできて3国程度が限界かな、というところでした。今は5国ユナはサイドにして、空いた枠にアンドロメダ星座の瞬ネビュラストリームを入れています。


http://www.carddas.com/crusade/cardlist/decksrc/201211/1353542214.html

こちらは水闇で組んだデッキです。
回してみた感じだと、やはりエデンが強かったです。エデン・龍峰・ハーゲンと出ていくだけで、グレート・アーデント・プレッシャーもあることから、そうとうなプレッシャーを相手に与えることが出来ていました。上の隊列のうち、龍峰はマルスでも良いですが、Gに闇属性を置きすぎると、危うく資源死……なんてことにもなりかねませんので注意が必要です。
スポンサーサイト

いたづらなり

2012年11月13日 07:40

大会に出てきましたので、レポを。

11月度ショップ大会(オープン)@ホビーステーション八王子店 人数:7人
使用デッキ:赤青タッチ黄

緑を抜いて、青を2色目にシフトした感じのデッキです。

1戦目:赤青宇宙人 ○
ミステリックブルー 美魚で盤面のアドを守る感じのデッキでした。
相手が7000バニラを展開してこなかったので、盤面とれるかと思っていたら、こちらもチェンジ出来ず。というかチェンジ先のちはや全部引きました。仕方がないので水着のちはやを3体展開。相手にはレベルを上げる手段がなかったので、それでもなんだかんだで盤面が取れだす。
レベル2は先出しで“一緒に歩く道” ちはやを展開してクライマックスを撃ち、ハンドを稼ぎに行くと返しで夏祭りの長門が早出しされる。倒されたちはやを“散る桜の運命”咲夜で守り、返しで倒しに行く。
レベル3になり、こちらが鳳ちはやを2体展開すると、1体は相討ちになるものの盤面アドがとれる。“カリスマ魔女様”朱音を出していたので、相手の回復が機能しなくなりそのまま勝ち。

2戦目:赤青緑アイマス ×
選抜はジュピター。普通のアイマスとやるのはなんだかんだで初めてでした。
レベル0は“月明かりの下で”瑚太朗&篝を咲夜でパンプしてうまく逃げられる。が、相手を先にレベル1にしてしまったせいで盤面がとれなくなる。チェンジも1体しかできなかった上に、返しでBK MANIACでフルパワーにされて倒される。ちはやを咲夜の効果で守るも、辛いことには変わりなし。さらに古き都の貴音まことの王子様 真を出され、2面13500以上を要求される。仕方がないので集中から2枚めくって鳳ちはや2体を展開。そのまま殴りに行ってなんとか盤面をとる。最終盤面は“親愛なる探求者”朱音鳳ちはや2体でしたので、最終的に相手はチャンプしてくるも、2点を刻まれ、アイマスでトリガーが乗るわけもなくそのまま負け。

結果:4位くらい

赤青にして安定感は増しましたが、レベル2帯で出せるキャラが減って“神速攻撃!”静流のようなパワーが出るわけでもないので、殴りに行きにくくなった気がします。
レベル1帯は先上がりでないとアドがとりにくいので、今度から殴らずエンドも検討してみたいと思います。

聞こえた気がした

2012年11月05日 07:38

地区決勝も半分が終わり、後半戦に突入するようです。
デッキレシピを見ていると、今回の地区決勝はAB!が人気であることが分かります。
そんなわけで今回はAB!のデッキレシピです。

レベル0
一人きりの天使
お色気担当? ユイ 3
鼓動の記憶 音無 2
解けた葛藤 ゆり 4
まるで悪役 ゆり
戦線への勧誘 ゆり 4

レベル1
皆を見送る役目 かなで 2
戦線の敵 天使
歌いたかった歌 2
対立の終わり かなで
"神の使い" 天使 3
天使の翼 かなで 2

レベル2
心配かするかなで 2
百人力の手練 椎名 2
過去を求める 音無 2
それぞれの道 ゆり 3

レベル3
結弦の心臓 かなで
理不尽な運命への抵抗 ゆり 2
単独行動 ゆり 4

クライマックス
死んだ世界戦線
報われた気持ち 3
戦いの後 4

普通のデッキだと思います。
レベル0は相討ちを使わず、高パワーで攻めていく方がキャラが場に残ってアドが取りやすいと判断しました。
ただ、ハンドがすごく余るというデッキではないので、アンコールの判断などは割とシビアです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。