スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝探しを始めよう

2010年02月04日 10:48

「涼宮ハルヒの憂鬱」で初収録されたトレジャーアイコンですが、実際のところどうなのでしょうか?
私的には、小川集中やパワー、ソウルが足りないパンチャーをメインとしたデッキならば投入の余地ありと考えています。
トリガーで手札に来やすい分、クライマックスを撃てる回数は増えますし、サイン会 みくるなどのクライマックスを用いた効果も起動しやすくできます。

「手札に来る」というトリガー効果はやはり利点なような気がします。
なぜなら、まず上に挙げた理由があるからです。手札に来れば来るだけ、それはこちらのパンチャーがアタック時に有利に立てるということ。また、「使える」ということは「控室に落とせる」わけですから、リフレッシュの時に「ストックにあったから落とせなかった」みたいなことにはなりません。
第二に、「手札が増える」という利点が挙げられます。キャラでないので純粋な手札としては数えにくいですが、手札はあればあるだけ選択肢に幅が出ます。クライマックスを撃つにも、タイミングを計って撃つことが可能になります。特に相手が序盤にたくさんキャンセルする場合、中盤以降にクライマックスを用いることで相手に有効打を与えることができます。

以上のことから、トレジャーアイコンも使い方によってはかなり大きな役割を担うことができるクライマックスであると考えられます。今後出現するであろうトレジャーアイコン、またそのクライマックスシナジーにも、期待ができそうです。
スポンサーサイト


コメント

  1. 夜桜 | URL | -

    CXアンコール持ちのキャラと合わせても強いですよw

  2. 伸縮自在 | URL | -

    Re: タイトルなし

    >夜桜さん
    沖縄から帰ってきたぜー!
    そもそもCXアンコール持ちのキャラが全然少ない現状ww
    まぁいずれにしろ、これから使われてくるCXであることは確か。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://long0and0short.blog94.fc2.com/tb.php/173-e2a5adcd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。